蕎麦の織匠 特定商取引に関する法律に基づいた記述

トピックス

《いつまで 新そば?》
玄そばは高温に弱く、すぐに劣化して風味もなくなってしまいます。低温のままだと鮮度が高くいわゆる新そばの状態が続くのです。したがって低温期の冬期間は、ずーっと新そばとも言えます。おそばが一番おいしいのは、実は冬期間なのです。
輸入品はいくら品質がよくても、輸送時に劣化してしまうのです。おそばは国産品が高品質であるのはこういう所にもあるのです。
織匠 諏訪徹
2010.1.14



リンク
サイトマップ
お問い合わせ
個人情報保護方針
特定商取引に関する法律に基づいての表記